食に関する教育の取り組み

食に関する教育、いわゆる食育が保育園や幼稚園、小学校から行われています。
食育とは人間が生活するうえで欠かせない、食べるという行為は知育、徳育、体育のきほんであり、様々な経験をとおして、食に関する知識を学び、正しい食を選択することができる、健全な食生活を実践することができる人間を育てる教育です。
主に、小学校などでは栄養士などが中心となり、学校全体で食を通じて様々なことを伝える取り組みを行っています。
食育の授業では、食の大切さ、バランスのよい食事、健康や病気について学びます。
また他の通常の教科などと連携させて、食という視点から世界を見たり、幅広く教育していきます。
子供たちが幼い時から、日常的に食に意識をもつような工夫をし、そういった体験から学んだことを生活に生かせるような教育をしています。
自治体ごとにはなりますが、食に興味をもたせるという意味で、給食の献立を工夫したり、食材説明などもおこなっています。
そのほか、子供たちが直接的に食にかかわれるよう、クッキングの時間などを設け、皮をむいたり、食べやすい大きさに手でさいたり、自分たちで行うことで、苦手なものでも、食べてみようかなと偏食を減らす教育などもおこなわれています。
また、地域との連携なども重要で、地域の方を招いた交流給食や地域の農家の方を招いての講演会など、食を通じて人とふれあい、心の豊かさを学ぶ、思いやりや好ましい人間関係を伝える取り組みなどもされています。
食を通じて正しい選択がなされるよう、小さいうちから食育がなされています。